Structure構造

Structure

豊かな日々を支え、資産価値を守る優れた躯体構造。

  • 直接基礎

    地盤調査の結果当物件は堅固な地盤に恵まれており、杭を打ち込み支える必要がないため、支持地盤の上に地盤改良を行い、直接鉄筋コンクリートの基礎を造る直接基礎を採用しています。確かな強さを備えた地盤の上に建物の重量を支えています。

  • 溶接閉鎖型フープ筋

    柱の主筋を束ねる帯筋は、溶接閉鎖型帯筋を採用。両端を全て溶接・閉鎖することで、主筋をしっかり固定し、地震による柱型の座屈や圧縮強度の増大に役立ちます。(一部除く)

  • ダブル配筋

    主要な壁は、格子状に組んだ鉄筋をコンクリートの中に2列に組み立て、より強い耐力を発揮します。※一部除く

  • 住戸外壁・戸境壁

    外壁の厚さは約150mm〜180mmを確保。また住戸との住戸間を仕切る戸境壁は遮音性に配慮し、コンクリート厚さ約180mmを確保しました。
    ※厚さ約150mmはチドリダブル配筋

  • パイプスペース

    遮音効果を高めるため、排水立管は吸音材、遮音材巻きとなった配管材を使用するなど遮音対策を施しています。

  • 鋼管ボイドスラブ

    中空部分を設けることでスラブ厚に対する重量が軽くなり、剛性が高まるボイドスラブ工法。小梁のないスッキリとした住空間を創造します。

  • 二重天井

    すべての住戸内天井を二重天井とし、配管・配線のコンクリートスラブへの打ち込みを避け、この空きスペースに設備配管や配線を行うことで、将来のメンテナンスがしやすくなります。

  • アウトポール設計

    構造柱をバルコニー側へ出し、室内側に柱型が出ない様にしたアウトポール設計を採用。室内空間が隅々まで使え、家具のレイアウトもしやすい設計です。

Universal design

フルフラットフロア

住戸内の床段差を解消したフルフラットフロアを採用。お子様や高齢の方をはじめ、ご家族すべての方に配慮し、住戸内の床段差をリビング・ダイニングや洋室はもちろんのこと、キッチン・洗面室・浴室・トイレなど水廻りにいたるまで解消しました。つまずきによる転倒など、家庭内事故を防止するとともに、段差がないので家具類の移動やお掃除もスムーズです。(玄関は除く)

Comfort

※掲載の室内写真は2019年1月モデルルーム(Iタイプ・モデルルーム仕様)にて撮影したもので、タイプにより仕様が異なります。また、一部有償オプション仕様が含まれている他、家具・備品等は販売価格に含まれておりません。あらかじめご了承ください。※掲載の図面は計画段階のものであり、設計・施工上の都合により変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る